iPhoneのOSの
進化について

OSのこれまでの進化

2007年に初代iPhoneが登場した際に搭載されていたのはiPhoneOSと呼ばれるものです。こちらのiPhoneOSに関しては今となっては信じられないかもしれませんが、アプリの追加ができませんでした。つまり、当初から搭載されていたアプリのみを使用するという形でした。それを変えたのはOS2です。今では当たり前になっている多数のアプリが開発され、ユーザーが自由にアプリを導入できるようになりました。

その後はOS3、OS4と進化を遂げていき、2011年に誕生したOS5ではSiriが登場しました。人工知能アシスタントであるSiriは、それまでのスマホとはまったく異なる使い勝手とあって、世界中で多くのユーザーが衝撃を受けたと言われています。日本でもスマホに向かって話しかける人があらゆる場所で見かけられるようになりました。

今現在のiPhoneでもSiriは活躍していますが、それが当たり前になったのは2011年以降なのです。このように各種機能は今となってはiPhoneの中に存在するのが当たり前になっていますが、昔は当たり前ではなかったのです。そして、それが当たり前になるためにはOSの進化があったのです。さらに最新のOSは更なる進化を遂げ、ユーザーを支えています。